株式会社アルファヴィル一級建築士事務所

© 2022 ALPHAVILLE. All Rights Reserved. | Privacy Polic

NEWS

2019 (3)

[:en]October, Jury for Kinokuni architecture award in Wakayama prefecture

Travel to Paris for “Asile Frottant”

Novenber, Produced Exhibition ADAN “Architect of the Year”, commissioner by Katsuhiro Miyamoto
Exhibited Designed chair in “Architect’s chair “produced by GENETO

December, Wood design research to Milano and meeting with exhibition producer Cedric Nordon in Firenze

Kisho Kurokawa design Museum in Wakayama

“Asile Frottant” exhibition meeting

Paris Beaubourg

Alpahville Architects design chair with plywood

Aldo Rossi Gallaratese Housing

Best architecture 2019 visited, San Satiro Milano, Bramante

10月、きのくに建築賞審査に紀伊半島をめぐる旅、そして展覧会のうちあわせのためパリへ。
11月には建築設計学会主催の若手のための建築家展「Architect of the Year」を、建築家宮本佳明さんをコミッショナーにお迎えして開催することができました。またGENETOによる「建築家の家具展」に出展し合板でできた椅子を設計しました。
12月には欧州木材調査のためミラノへ出張。現在の苦しい状況も、この時には思いもよりませんでした。
新築に加えて改装も多く手がけた一年、またヨーロッパでの仕事が始動し始めた一年でした。
コロナの影響で5月開催予定だったパリでの展覧会は延期されてしまいましたが、ようやくヨーロッパも少しづつ動き出し、同時に京都で新しい仕事が始まりました。今できることを、やり続けていきたいと思います。

きのくに建築賞審査で訪れた黒川紀章氏の名作。

パリのアルセナル建築博物館、アジールフロッタンというコルビジュエ設計の船の展覧会の打ち合わせ。

パリ出張の際に訪れたボブールことポンピドゥーセンター。

建築家の椅子展に出展した椅子「障子、格子、椅子」

敬愛するアルド・ロッシ設計のガララテーゼのピロティ。

ミラノにて昨年もっとも感銘を受けた建築、ブラマンテによるサン・サティーロ聖堂、奥のヴォールトがだまし絵的。

PREVPREV
TOPに戻る