2019-05-18

「Gable Roof House」をアップロードしました

Gable Roof House

京都伏見の山手、古くからの住宅地が国道沿いから少しずつ崩れはじめている場所。間口9mに奥行き23mは中心市街に比べると大変広いが、三方を囲まれたうなぎの寝床には変わりなく、それなりに立て込んだ周辺に対し、建物と空地のバランスよい配置について考えた。

景観規制に対応した切妻屋根を出発点として、まず敷地に沿った長い建物を、4つにカットして南北面から採光・通風できる空地がうまれるよう東西にずらす。4つの棟は道路側から駐車場棟、水まわり+寝室棟、ダイニングキッチン棟、そして書斎リビング+子ども室棟となっており、1.5層と2層の棟を繰り返すことで高さ方向にも空地がうまれる。住宅の要となるのが1.5層のダイニングキッチン棟で、大きなアイランドカウンターを中心に1階のリビングや書斎、玄関・水まわりは水平に、2階の寝室と子ども室とは切妻から屋根づたいにつながりあっている。

このダイニングキッチン棟を回転させることで切妻空間のもつ強い方向性にゆらぎをあたえた。一方向につながりあう内部空間にひとつ異なる方向の視線が加えられることで、内部の距離感が変わり、外部空間が入り込み、ダイニングキッチンからは他の部屋部屋が垣間見られるだけでなく、庭の木々、その向こうの駐車場棟、さらに隣家の建物や塀をこえて空へと、内部と外部の風景が重なりあって感じられるようになる。

ダイニングキッチン棟の回転は構造にもいかされている。隣の部屋や、庭をこえていく視線を獲得するために、木造軸組工法だが南北方向に透明感をもたせようと、DK棟の切妻屋根全体がひらこうとするスラスト力を小梁を勾配に直交にかけることで回避したうえで、小梁の荷重をになう切妻型の梁には、隣棟の東西方向のブレースとしての役割も担わせて三角の開口をもうけている。

土地の骨格にそった明快な構成をよりどころとして、ひとつの動きが大きなゆらぎをうみ、このゆらぎに沿わせるように家具を設計し、様々な樹木を植え、生活の微細な振る舞いに対応する開放的な場や落ち着いた場が内外なくつながりあった空間をもとめた。

RELATED WORKS